新作も旧作も

秋になると観たい劇場アニメが増える、と言う現象が今年もやってきた。

 

「ごはんは笑顔!」のデリシャスパーティプリキュアが、お子様ランチと言う「デパプリで映画するならそれでしょ!」と言うテーマとの事で(9/23)。尺としては申し訳程度の短編だがスタプリ・ヒープリ・トラプリの面々も久しぶりに登場。後日入場者プレゼント第二弾が、と言う事でもう一回(10/16)見て、スタプリのポストカードをゲット。直前にYouTubeで劇場版スタプリを観てボロ泣きしてたので(笑)、非常に満足。

「ヒーロー」の意味が観る前後で少し変わった気がする。自覚した、がより近いかも、だな。セーラームーンの頃だったら「戦うヒロイン」って呼ばれてたキャラクターだけど、ハグプリとかデパプリはヒロインと言うよりはやはりヒーローと呼ぶ方がしっくりくる気がする。

 

6月に母と叔母を連れて行って以来、また大洗に行く機会が作れていない(あんこう祭りも難しそうだ)が、ガルパンが放送から10年と言うので総集編+劇場版の記念上映を4DXで(10/9)。相変わらず過激なセッティングで、上映中何度もズリ落ちそうに(笑)。

 

立川シネマシティで、ソードアートオンラインプログレッシブ2作目(10/23)。アスナと言えばお風呂(笑)。アルゴさんと温泉でチャンバラする話になってまさかマッパで!?と期待したが全年齢向けなんだから当然水着姿。残念だったがこれはこれで、と言うことに。ところでゴーレム戦の難度高過ぎません?

続けての映画大好きポンポさんはクラファンで作った35mmフィルム版(10/23)。フィルムだと途中でロールを交換する必要があって、右上に一瞬それを示すマークが出るんだけど、確認するつもりがいつの間にか話の方に夢中になってた。自分はモノ作りする人間ではないけど、もう何度も観た今となってはだいたい何処でも泣ける。

 

日を改めて同じ立川で4Kリマスター版オネアミスの翼(10/29)。公開当時以来になるか。観ながら「そうそう、そう言う展開だった」と思い出しつつやはりあの打ち上げシーンに圧倒。あれ手描きだって言うんだから、狂気だよなぁ。で、エンドロール見てここからあの作品でアレをやってた人がここでコレを!と言うのを幾つか。

そのオネアミスの翼に動画で参加していた島村秀一氏がキャラデザと作画監督を務めたアイの歌声を聴かせてが上映1周年を記念し、吉浦監督を呼んでトークショー付きで(10/29)。タイムテーブルではトークショーの部分は30分ほどの予定だったが、上映したaスタはその日最後の作品と言う事で時間制限なし(笑)。監督は主要キャラの初稿とか初期のコンテ絵を限定公開。トークショーは30分ほど延長になったが、そのお良いモノが見れた。

急展開

先月の記事で緩和ケアの世話になることを検討と言ってた母、あの記事の後は階段を登るのも難しくなってリビングで寝るようになった。

先月の記事を書いた頃から食欲も落ち日中も寝て起きてを繰り返すだけになって来てたのもあって、12日に緩和ケアの病院へ入る準備に面談をする予定だったのだが、その前に介護ベッド(レンタル)を入れようかと言う話になった。

前の週末(3日)は休みを入れてずっと家に居て、使わずに残ってるホットケーキの粉があったので焼いたのだけど、母はそれを口に含むものの飲み込むことが出来なかった。翌日には呼びかけても応えず、寝てるか何か呻くような声を上げてモソモソと体を動かすだけに。その晩訪問診療の当直の先生に診てもらったが、出来ることはないですね、と言う結論。

5日(月)は介護ベットが夕方に入る事になったので在宅勤務に。叔母がリビングを整理してベッドの置き場所を作ってそろそろベッドが来る、と言うころにリビングに降りると、訪問診療の担当の先生が様子を見に来てリビングに入るなり一言。

 

あれ、呼吸止まってますね。

 

……えええっ!?

叔母が部屋の整理をするその後ろで息を引き取っていたらしい。少し後で話になったが祖母も病院のベッド脇に集まった親戚が雑談に花を咲かせる中、看護婦さんが「呼吸止まりました!」って病室に駆け込んできて亡くなったのに気付いたそうで、親子でそっくりな最後だった。

 

死亡確認はベッド搬入の15分前(笑)慌ててケアマネさんに連絡してキャンセルして貰った。

自宅で最期を迎えたいと言う人は多いけど、いざ亡くなったと警察に連絡すると職業上誰かがトドメを刺したんじゃ無いか(笑)と言う話にされてしまい大変なので、訪問診療の医者を呼んで死亡診断書を書いてもらってくださいと以前大学病院の先生から言われていたのだけど、呼ぶどころか向こうから来たら亡くなってたと言うタイミングの良さにその辺は簡単に話しが運んだ。

段階を追ってこんな感じで最期を迎えると思います、と言う話も聞かされてたが、先月の新潟行きの話も含めておよそ先生の読み通り。もう少し先の話のつもりでいたくらいの違いで。でもあの読みの確さにかなり助けられた感はあった。

葬儀会社に電話して斎場の空きを問い合わせたら、父と同じ多摩霊園近くの斎場だと11日まで待たされるとの話。幡ヶ谷にある斎場だと7日にはと言うのでそこを押さえてもらう。

母の兄弟姉妹を中心に10人ほど呼んで見送り。

 

こう言うご時世だし、それなりの年齢だったから母より歳上の知り合いにはなるべく伝わらないようにしてる。

 

その後の手続きがすんなり進むモノもそうで無いのも色々。姉貴が受取人になってる保険があったそうだが、マイナンバーが必要らしい。カードは作ってなかったから通知カードが何処かに。さてどこ行ってるんだ?

軽自動車だから軽油を入れる、は良くある話。

母の話、先月の続き。

自分が定期的に行ってる近所の病院のすぐ近くに訪問診療をしている所があり、そこと契約。月2回程度来てもらう事になった。

ツイッターで以前少し投稿したけど、6年前に胆管癌が見つかって手術で取って、その後転移がないか確認するために全身を撮影するPET検査を受けたら鎖骨に癌を発見。その後調べたら胆管以前に発症した乳癌が転移したものと判明。以来投薬を続けていたのだけど、最近肝臓に転移したらしい。

 

で、その辺が明らかになる少し前、母も年齢が年齢だし動けるのは今のうちだろうと言うのもあって8月終わりに伯母や姉夫婦らも帯同して2泊3日で実家の新潟の親戚を回ろうと計画していたが、検査の結果を見て先生から「その頃に悪くなってると色々大変だから行けるなら早い方が」と言われ慌てて2週間繰上げ。

電車での移動は混雑してると新型コロナが怖いのでレンタカーで移動…のつもりが運転に慣れてる人(義兄)が日程変更で同行できなくなったため、新潟に居る伯父が車を確保→送迎する事に。

 

出発当日。

昨秋に小平霊園に父の骨を納めた時、元々銘板に父と母、自分の3人の名前を入れてもらうよう申し込んでいたので、春の彼岸の頃に確かめに行くつもりだったのだがその頃はコロナ禍真っ只中。そのままになっていたので確認してから新潟へ

 

向かう予定だったんだけど。

 

仕事に使うディーゼル車はセルフスタンドで、自家用のガソリン車は有人のスタンドで給油してると言う伯父が、高速に入る少し前、所沢付近のセルフスタンドで、レンタカーのハイエースロング(ガソリン車)に軽油を入れるミスが発生(爆)。話にはよく聞くが、伯父も運転するようになって50年、初めてやらかしたと言ってた。

幸いにもクルマはトヨタレンタカーだったのと止めた所から歩いて20分前後の距離の所に支店があったので、ハイエースはレッカーで回収、代わりの足は同じハイエースが無いのでやむなく商用車×2台を確保。現地で2時間ほど足留め。もう一台は姉がハンドルを握る事に。

ドナドナされて行くハイエース

 

姉は住む町田から我が家まで時折クルマを使っているが高速は長らく走ってなかったとの事で慎重に走行。十日町のホテルに着いたのは当初のチェックイン予定時間の3時間後(笑)

初日は元々ホテルに着いて終わりの予定だったので、やっとここで一息、と言う感じに。

 

ディナーがバイキング方式と言うのは初めてのような。

 

翌日。

弥彦山へロープウェイで。

登ると伝説のゲームが鎮座していたが、時間も小銭も無かったのでプレイは断念。

 

その後古い知り合いや親戚宅を回り、2日目の宿は田上のホテルへ。祖父の米寿の祝いとか、従姉妹の結婚祝いとかでも使った所。

泊まっても前を通るだけだったけど、この奥にあんな空間があったとは。


個室で身内だけでゆっくりと味わう。


バイキング形式の朝食。1枚目の右上は牛乳ではなく、濃厚さが特徴のヤスダの飲むヨーグルト


3日目、前の日に行けなかったところを。

新潟の一部地域で作られている、白アイス。


3日目の昼過ぎにはだいたい訪問を終え、姉が運転した車に乗ったグループは新潟駅から新幹線で帰路へ。所沢でのミスで借りる事になった2台を返却、自分達はリスク回避のため伯父の車で自宅へ。


こんな感じでなんとか旅程をクリア。


で、最近の母は腹部に水が溜まって来てて、足もむくみが出てるのもあってあまり動こうとしなくなってる。なので緩和ケアに対応してる病院の世話になる事を検討中。


軽油とガソリンを間違えたハイエースは、油を抜いて清掃をする必要があるが、費用は保険で対応するそうで、特に費用は発生しなかった。それどころか予定より早く返却した事になったので料金の一部が返金。へぇ、こう言う処理になるんだ…

はやいはやい

月に一度は更新しておきたいと思ってたハズだが、あっという間に月末を迎えている気がする。

地元を紹介する番組で、建て替えた新居が一瞬映ってた。会社で「これZOEの家?」って先輩から聞かれたけど、そもそも貴方前の家の位置も建て替えだから住所変わってないことも知ってるでしょうに何ならストリートビューで確認できるでしょとか言わないで「ええ、そうです」とだけ答えた。


お袋が介護申請して要介護認定2って判定出たんで介護士を頼むことにした。自宅で打ち合わせするのに出勤して中抜けして帰宅して職場に戻ると往復で2時間無駄になるので、打ち合わせ当日だけ自宅勤務にさせて貰った。多少効率では落ちるが休むよりは都合が良い。そう言うのができる環境なのは利用しないと勿体ない。


立川で2度目の「劇場版レヴュースタァライト」。圧巻。また今週末に上映があるし、盆明けまで延長もあるらしい。配信もあるけど、行ける人にはスクリーンで観ることを推奨したい。

「アイの歌声を聴かせて」久しぶりに円盤を買う。そう言えば「リコリス・リコイル」も円盤買って良いと思い始めているが、いきなりBOXで出てしまうRWBY氷雪帝国」も忘れられない。出費は控えたいが、さて。

2年ちょっとぶり

新型コロナの影響で海楽フェスタが中止になって緊急事態宣言が出る直前に行って以来行けていなかった大洗へ、やっと行ってもいいだろうという状況にできたので、母と伯母を連れてシーサイドホテルでの1泊付きで行ってきた。

海楽フェスタの前週の平日という、まぁ静かであろうタイミングで。

 

記事にはしてこなかったが、春先に医者から「そろそろ年齢も年齢ですし、体が動くうちに介護を受ける準備をしておいた方が安心ですよ」と言われたのをきっかけに出不精の母の中でなにかスイッチが入ったようで、実家の新潟や京都の親戚のとこへサッサと行っておこうとか言い出したので、どさくさ紛れに提案してみたらまず其処から、ということに。

自分的には久しぶりなのでよく伺っていた店々に挨拶と、行けていたなかった間に発売されたグッズとか江口さんトコで買うことにしてたコミックの回収、その江口さんとか和泉屋さんの人を母に会わせると言ったあたりを目的に。

とは言え失敗したなぁと思ったのが、ブロンズさんがこの時期連休にしてたんだよねぇ。

 

まぁそれ以外の最低限ここは、というところは行けたつもりだったんだけど、2日めがねぇ。チェックアウトしてから港の方へ移動して飯岡屋さんで岩牡蠣を食して、までは良かったんだけどまだこれから昼飯時、あとはシーサイドステーションに行ってガルパンギャラリーを、とか考えていたのに飯岡屋さんの向かいの店でお袋が(翌日に)姉が家に来るから持たせるとか行って冷凍のカニを「保冷バッグすらないのに」衝動買いしてた()*1

仕方ないので急かされるように離脱(笑)優花里と沙織の誕生日クリアファイルを確保しそこねた。

 

次に行けるのはいつだろう。ダージリン誕合わせがカレンダー的には良さそうだけど、行けるかなぁ。

*1:まぁ流石に保冷剤とかは入れてもらった

今月の映画

世間的には「シン・ウルトラマン」に大注目なんだろうが、「バブル」を観た。

 

予告編のパルクールと巨大な泡に包まれた東京のビジュアルだけで「一度は観る」と決め、それ以上の情報は積極的に取りに行かないでスクリーンに向かった*1ので、「あッそう言う話なんだ」と言う感じ。

虚淵氏の名前に一瞬重たい話になるかと思ったが、「楽園追放」のような作品だってあったし、そう言う重さはパルクールの雰囲気と合わない気がしたので、そっち方向は無いだろうと思う事にした。

なので、タイトルの「バブル」って物語の舞台を指していると思っていたのだけど、ヒロインであるウタの登場シーンで「泡から生まれたって事は最後は泡に?」と思ったし、ヒビキに触れて泡になる右手、人魚姫の絵本が出てきたことで多分そうなるだろうな、と更に確信を深めた。そう言う予想を裏切る展開があっても良いけど、軽い話になったかもしれない。それならあの終わりで良かったと思う。

 

主人公ヒビキの声を演じるのが志尊淳さんと言う(か「声優じゃない」)ことが不満と言う感想を見掛けたが、薬丸裕英さんが声優をやった時よりずっと馴染んでいた*2ぞ、と突然の流れ弾。

ヒロインのウタの方も、EDを担当したりりあ。さんの演技が棒、と言う評価を散見したが、ウタは周囲の会話などから言語を習得していくキャラなので、違和感が無い方が都合が良過ぎる気がする。EDもああ言う曲だから、同じ声でと言うのも合理的。他の人でも「アリ」だったかもしれないけど、この選択が「ナシ」とは思わなかった。

 

冒頭、ウタが見つめるヒビキの顔を見て「カバネリでやったメイクアップだコレ」からパルクールの映像を思い起こして「進撃の巨人」の荒木監督とようやく結びつく。


ヒビキが抱えるウタの体が泡になっていく時、その泡が令洋(チームが拠点にしてる船)の中で見た図鑑の生き物のカタチになってるのを見て「本物を目にしたらウタはどんな反応するんだろうなぁ…見て欲しかったなぁ…でもウタはこう言う存在だから、こうなるしか無かったんだろうなぁ」などと。

 


「結局あの泡って何だったの?」と言う疑問が残るが、先程言ったように作中には解は無い(ノベライズ版はその辺の設定も拾って書かれたそうだが)。Y!映画のレビューを見ると、単発の作品ってこともあるのか、その辺の説明とか「なぜ?」の答えが無いことを不満に感じてる印象。でも、ヒビキとウタの出会いと別れだけで物語としては十分のようにも思う。


なんと言うか、「答えを求め過ぎる」層には厳しかったのかな…と思うと、少し勿体無い感じがする。


あとね、これネトフリで先行配信してたけど、スマホタブレット如きの小っちゃい画面とショボい音響で見る作品じゃないと思う。映画館のスクリーンと音響で観るべき。スマホでダメだったけど、映画館で印象変わったと言う声も幾つか見てる。

ネトフリも出資してるので先行配信で回収したかったのだろうと思うけど、配信で見る人の環境までは気が回らなかったのだろう。配信で見る人の貧弱な環境に殺された作品になってしまったように思う。そう言う点でも勿体無い。



バブルの初回はイオンシネマで観た。

イオンシネマで観た回数が6回になって無料クーポンが確保できたので、「シン・ウルトラマン」を続けて。

見れば見たで面白がれるんだろうけど、庵野氏が思い入れあるだろう作品群に自分はほぼ全く思い入れが無い*3ので、作中に織り込んだネタは分からんだろうと思ってたが、その通りだった。どう展開するかと思いながら観ることは出来たけど、そこまでかなぁ。ちゃんと見てたのは「スーパー1」「BLACK/RX」な仮面ライダーも、この方向で行くなら観ないかもしれん。


*1:他の作品でも劇場オリジナルとかはだいたいそんな感じ

*2:劇場版「若おかみは小学生!」を観た時、キャスティングでほぼ唯一違和感を覚えたのがここ

*3:本放送を見てた記憶があるのは「ザ」「80」辺り、他作品の再放送は記憶がない